ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

12月16日(日)スパイシーなカレーうどんと、里芋と厚揚げの照り煮。

朝6時45分起床。朝食時に録画していた「ゴッドタン」。今回は「松丸野呂朝日プロデュース王決定戦」。久々に面白い。原稿制作の続き。昼食は「冷凍 日清古奈屋 カレーうどん」。スパイシーでキリッと辛いスープにコシのあるうどん。この冷凍食品もクオリティが高い。

f:id:notsushu:20181217063742j:plain

午後も原稿制作の続きと明日の取材の準備。17時半過ぎに家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。先客は手前テーブルに2名と奥テーブルに3名。カウンターの奥の席に。キンミヤの酎ハイにキャベツ味噌、ねぎま鳥皮、そしてホワイトボードのメニューから里芋と厚揚げの照り煮。

f:id:notsushu:20181217063601j:plain

例によって18時過ぎからお客さんが来始めたが、本日は店員さんがいてやっちゃんのワンオペではなかったので、なんかこっちも安心して飲めた。最後に昨日頼めなかった手羽先を頼み、19時30分ぐらいに店を出る。帰宅後、金曜日からポツリポツリ見ていたBS朝日「新 鉄道・絶景の旅」―新潟から岩手へ 紅葉と名湯を求めて錦秋のみちのく横断の旅―を見終える。