ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(60歳)の備忘録

5月24日(金)10年以上ぶりの母校と、日本国民の平均年齢。

朝5時15分起床。水曜日に取材したGreenの原稿制作続き。本日の取材の準備。8時15分ぐらいに家を出て取材へ。池袋駅から有楽町線江戸川橋。取材前に「立ち喰いそば 山吹」で「冷ぶっかけそば」(370円)。天かすはサービスで、たぬきになってトクした気分。

f:id:notsushu:20190525101411j:plain

まだ少し時間があったので、早大通りを10分ぐらい歩いて母校に。10年以上ぶりだが、感慨に浸る時間もないので大隈侯像と、

f:id:notsushu:20190525112020j:plain

大隈講堂を撮影してすぐに引き返す。

f:id:notsushu:20190525112115j:plain

日射しがきつい。取材は10時から1時間20分ぐらい。終了後、有楽町線で池袋まで戻り、帰宅。Greenの原稿制作続き。15時過ぎに家を出て酒場へ。16時ちょうどぐらいに入店。先客は1名。キンミヤの酎ハイにつまみは、おひたし、いわしの酢の物、エシャレット、朝鮮漬け。テレビでは大相撲五月場所13日目。勝ち越しに大手をかけながら連敗している炎鵬は本日も敗れる。太ももを痛めたみたいで心配。17時前から次々お客さん来店。定量の酎ハイを4杯飲んで17時20分ぐらいに店を出る。

f:id:notsushu:20190525112205j:plain

帰宅したら西の空は夕焼け。

f:id:notsushu:20190525112259j:plain

途中、スマホで大相撲の結果を見たが、栃ノ心は本日も敗れたらしい。鶴竜もやぶれ朝乃山がまた単独トップ。ニュースなどによると栃ノ心・朝乃山の一番は、軍配は栃ノ心に上がったものの、物言いがついて5分以上の協議の末に差し違えとなったらしい。かなり微妙な勝負だったようだが、そんな時のために相撲には取り直しという制度があるじゃないか。今場所の優勝の行方だけではなく、栃ノ心・朝乃山の人生に関わってくる重要な一番ゆえ、もっと慎重な対処が必要だったんじゃないか。21時半ぐらいから録画していたBS11「世界の国境を歩いてみたら…」ベトナムカンボジア編を見る。国境ハンターは江頭ゆい。ベトナムカンボジア共に国民の平均年齢は20歳台。日本はどうか気になって調べて見たらなんと、46.35歳で世界トップ。

www.globalnote.jp

これってかなりヤバイ数字だよね。