ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

5月4日(金)冷やし中華のふりかけの紅生姜と、スッキリさらっとしたバドワイザー。

朝4時45分起床。よく晴れていて絶好の行楽日和だが、このところ体調がイマイチなので本日は出かけず終日自宅。昼食はマルちゃんの冷やし中華(袋麺)。

f:id:notsushu:20180504131203j:plain

細目でツルツルとした麺、酸味のきいた醤油ベースのスープもいいのだが、忘れてはいけないのがふりかけ。中味はいりごま、卵、紅生姜、海苔。たまたま噛みしめた時に、ピリッとした紅生姜の辛さが来ると、おみくじで小吉が出たぐらい嬉しい。17時過ぎから缶ビールの飲み比べ。本日は「極ビア」と「バドワイザー(ワールドカップ缶)」。

f:id:notsushu:20180505092944j:plain

「極ビア」は韓国産。厳選したオーストラリア産麦芽とアメリカ産ホップを使用したオールモルトラガービール。色はクリアでごく薄めの琥珀色。コクがあるかなと思っていたが、すっきりしていて苦味も抑えめ。イマイチインパクトがない。

f:id:notsushu:20180505093104j:plain

バドワイザー」は明るいゴールド。久々に飲んだがスッキリしててサラッと飲めて、バドワイザー以外の何者でもない。21時ぐらいから録画しておいた「新 鉄道・絶景の旅 ー下関から日本三景・宮島へ 春の瀬戸内 桜の名所めぐりー」を見る。下関から出発して、長府、宇部新川、防府、柳井、岩国、そして宮島へ。一昨年の11月末に宇部新川から下関まで行った時のことを思い出す。