ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

6月18日(土)昼食の冷やし中華と、焼鳥屋のシメの手羽先。

朝6時25分起床。自室に行きブラックコーヒーを飲みながら、取材なしマイナビ転職原稿制作の続き。7時20分ぐらいから朝食。玄米ご飯。いただきながら録画中の「芋たこなんきん」を追っかけ再生しながら見る。主人公が義理の娘と一緒に料理を作るシーンが秀逸。7時45分ぐらいから仕事再開。マイナビ転職原稿制作の続き。その後、昨日のWeb取材のテープ起こし。12時過ぎから昼食。冷やし中華東洋水産の「マルちゃん 冷やし生ラーメン」。ツルツルッといただく。酸味の強いタレがいい。

午後は昨日のWeb取材のdoda原稿制作を開始。「井上貴博 土曜日の「あ」」のYouTubeライブをチラチラ見ながら。ここ2週間、体調不良でお休みだった田中キャスターが久々に登場。17時少し前に奥さんと家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。カウンターの中央の席へ。キンミヤの酎ハイに、つまみはキャベツ味噌、ねぎま鳥皮、ホワイトボードのメニューからカツオの刺身のサラダ。食べるラー油がかかっており、ピリ辛で美味。

お店は本日も盛況。追加で豚バラをオーダー。シメはいつも通り手羽先。

18時40分ぐらいに定量を飲み終えて店を出て帰宅。19時過ぎから録画していた「離島酒場 壱岐編」「秘密のケンミンShow極」を見た。