ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

8月2日(金)連日の猛暑と、テレビ番組で見た世界遺産。

朝6時30分起床。取材なし案件のデータ起こし。原稿制作の開始。途中、11時40分から韓ドラを見ながら40分間運動。16時過ぎに家を出る。もわっと暑い空気。本日も猛暑。17時ぐらいに酒場に入店。先客は2名。いつも泡盛を頼む人と、もう一人はここでは珍しく外国の方のようだった。キンミヤの酎ハイにつまみは、小松菜のおひたし、いわしの酢の物、エシャレット、白菜の朝鮮漬け。朝鮮漬けの前にチーズを頼もうか迷ったがやめておいた。定量の酎ハイ4杯を飲んで、18時過ぎに店を出る。

f:id:notsushu:20190803114448j:plain

f:id:notsushu:20190803114534j:plain

f:id:notsushu:20190803114624j:plain

19時ぐらいに帰宅。21時過ぎから録画していたBS11「世界の国境を歩いてみたら…」の総集編『国境旅で出会った世界遺産特集』を見る。何と言っても印象的だったのは、ハイチがフランスから独立した後の1804年に外敵から国を守るために作ったという世界遺産シタデル(要塞)。本当にこの番組は新たな発見に満ちたいい番組だ。