ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

7月7日(水)昼食の冷たいうどんと、届いた干物セット。

朝6時10分起床。朝食は玄米ご飯。松江など山陰地方が大雨というニュース。心配になったので母に電話。大丈夫とのこと。奥さんは在宅勤務。月曜日に取材したGreen原稿を最終チェックしてアップ。本日のWeb取材の準備。昼食は冷たいうどん。トップバリュの冷凍讃岐うどん。しっかりとしたコシがある。

f:id:notsushu:20210708142410j:plain

13時30分からWeb取材。約45分ほど。14時過ぎに宅急便が到着。鳥取県境港市の小倉水産食品に頼んでいた魚の干物の詰め合わせが到着。ハタハタ、ノドグロ、エテカレイの干物セット。

f:id:notsushu:20210708142528j:plain

この会社はたまたまスーパーで奥さんがつまみとして「炙りアマエビ」を買って来たことで知り、その中に入っていたはがきで懸賞に応募。それが当たり、商品の詰め合わせが4月に届き、美味しくいただいた。先日、この干物セットなどを紹介するDMが届き、オーダーした次第。14時40分ぐらいから先ほどの取材のまとめ。16時過ぎに家を出て酒場へ。16時50分ぐらいに入店すると先客は一人。いつもの席が空いていたので腰を下ろし、テレビでやっていた大相撲名古屋場所4日目の取り組みを見ながら、キンミヤの酎ハイを飲み始める。途中、5時のニュースが挟まれ、終わったら隠岐の海が勝ち名乗りを受けていた。照ノ富士白鵬共に白星。18時20分ぐらいに定量を飲み終えて店を出る。

f:id:notsushu:20210708142651j:plain

19時20分ぐらいに帰宅。録画していたテレ東「昼めし旅」を何本か見て、21時30ぐらいからYouTubeブル中野チャンネル・高木三四郎社長登場のものを見る。次々といろいろな戦略を打ち出す高木さん、クレバーだなと奥さんと二人で感心。