ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

11月12日(木)昼食の立ち食いそばと、偶然見た大好きな映画。

朝4時20分起床。昨日電話取材した会社のdoda原稿制作、本日の取材の準備など。朝食は玄米ご飯。8時過ぎに奥さんは実家に。8時20分ぐらいに家を出て取材へ。池袋から山手線で神田まで。取材は10時から1時間20分ぐらい。元祖天玉そばで有名な「かめや」をのぞいたが混んでいたので諦めて、山手線で日暮里まで行く。徒歩6~7分ぐらいにある仲屋製麺所へ。

f:id:notsushu:20201113131150j:plain

いただいたのは「かき天そば」(430円)。

f:id:notsushu:20201113130954j:plain

さすが製麺所だけあってそばがうまかった。その後、常磐線に乗って南千住で下車。歩いて三ノ輪まで。マクドナルドで仕事。Green原稿制作の続きなど。16時25分ぐらいに店を出て酒場に向かう。あしたのジョー像の隣に地域のイベントを知らせるノボリが立っていた。

f:id:notsushu:20201113130755j:plain

16時40分ぐらいに酒場に入店すると先客は女性二人組。いつもの席に腰を下ろしてテレビの大相撲11月場所5日目を見ながらキンミヤの酎ハイを飲み始める。店にはその後、一人客が3人ぐらい来店。隠岐の海はねばり強い相撲で高安を破る!18時過ぎに定量を飲み終えて店を出る。19時過ぎに帰宅。19時30分ぐらいにたまたまケーブルテレビの日本映画専門チャンネルにチャンネルを変えてみたところ、大好きな映画「横道世之介」(2013年/沖田修一監督、出演:高良健吾吉高由里子池松壮亮伊藤歩綾野剛)がやっていたのでそのまま見続ける。何度か見て展開は知っているので、途中からは涙、涙。この映画の吉高由里子は本当に天使のようだ。その後、録画していた「わが愛しのキャンディーズ」を見る。2回目だがこれまた涙。