ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

8月21日(水)3時間の取材と、水曜日の酒場。

朝6時起床。本日の取材の準備。8時少し前に家を出て取材へ。地下鉄丸ノ内線で大手町。取材は9時30分からぶっ続けで3時間。なかなかヘビーだった。これをまとめなければいけないと思うと気が重い。そばでも、と思ったが一銭も持たずに出てきたことに気がついてまっすぐ帰宅。まあ、最近では現金がなくてもスマホがあれば何とかなるのだからいい時代になったものだ。飲んですっからかんになって、その上電車を乗り過ごして取手駅あたりで一夜を過ごしたことが何度もあるが、あの頃今のようにSuicaなどが使えたらどんなに楽だったか。13時40分ぐらいに帰宅。昼食に豆腐とイワシしょう油煮をいただいた後、少し休憩。14時30分ぐらいから40分間運動。16時過ぎに家を出て酒場へ。最寄駅に着いたらポツポツと雨が降り出したので急いで酒場へ。16時50分ぐらいに入店すると先客は一人客4名。全員見たことのある顔。入口付近の席に座り、キンミヤの酎ハイを飲み始める。その後、人の入れ替わりがあったが一人客ばかりで概ね静か。定量を飲み終えて18時ぐらいに店を出る。

f:id:notsushu:20190822080552j:plain

f:id:notsushu:20190822080828j:plain

19時ぐらいに帰宅。20時30分ぐらいから録画していた「グレートネイチャー・スペシャル “赤道直下40000キロ 光と影の物語” 第3回インドネシア 島々の鼓動」を見る。普段はスマホを手放せず都会に出ることを夢見ている高校生の少女が、あでやかな民族衣装に身を包みイスラムと島の伝統が融合した祭りに参加した時の、緊張と興奮、そして喜びが入り交じった表情が印象的だった。