ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

4月3日(火)期待を下回ったカップ麺と、期待を上回っただった映画「フィッシュストーリー」。

朝5時起床。終日自宅。金曜日取材の原稿をアップし送信。続いて昨日打ち合わせた原稿の修正作業。昼メシはエースコックの「飲み干す一杯 尾道 背脂醤油ラーメン」。

f:id:notsushu:20180404080605j:plain

このシリーズはこれまで「仙台 辛味噌ラーメン」と「熊本 黒マー油豚骨ラーメン」をいただいたが、どちらもスープのクオリティが高かったので期待したが、前の二つに比べるとインパクト弱。16時ぐらいからAmazonプライムで「フィッシュストーリー」( 中村義洋監督/2009年)を見る。様々な伏線が終盤一気につながっていく時の爽快感といったら、涙が出てくるレベル。なんで今まで見なかったのかと後悔する。ほぼ10年前の映画だが、伊藤淳史高良健吾多部未華子濱田岳森山未來大森南朋波岡一喜など、出演者が今やNHKの朝ドラなんかでよく見かける売れっ子俳優ばかりなのも面白い。伊坂幸太郎の原作を読んでみたくなったし、前に一回見たことがある同じ監督・原作の「アヒルと鴨のコインロッカー」をもう一回見たくなる。21時ぐらいから軽く家飲み。