ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

6月11日(土)昼食のとんこつラーメンと、焼鳥屋さんのシメの手羽先。

朝6時10分起床。自室に行き、ブラックコーヒーでウォーミングアップ。取材なしdoda原稿制作開始。7時25分ぐらいから朝食。玄米ご飯。いただきながら録画していた「芋たこなんきん」を見る。7時50分から仕事再開。取材なしdoda原稿制作の続き。木曜日のWeb取材のテープ起こし。10時30分ぐらいに奥さんは実家に。12時過ぎから昼食。セブンイレブンの「博多一風堂監修赤丸とんこつラーメン」。レンジで5分30秒で出来上がり。細麺でコクのある豚骨スープ。

午後はYouTubeTBSラジオ井上貴博 土曜日の「あ」」をチラチラ見ながら先ほどテープ起こしした原稿のまとめ。17時少し前に家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。奥さんと店の前で待ち合わせをしていたが、少し遅れるとのことで、先に一人で入店。カウンター奥の席に。キンミヤの酎ハイを飲み始める。つまみはキャベツ味噌、ねぎま鳥皮、ホワイトボードのメニューから鳥皮ごぼうのキンピラ。17時20分過ぎに奥さんが到着。店は本日も盛況。追加で豚バラをオーダー。挟んである玉ねぎが絶妙なアクセント。

シメはいつも通り手羽先。

18時45分ぐらいに定量を飲み終えて店を出て帰宅。19時30分過ぎから録画していた「離島酒場」愛媛県岩城島編を見る。その後、録画していた「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」を見た。