ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

12月1日(木)寒い一日と、赤いスカイツリー。

朝6時5分起床。自室に行き、6時20分からラジコでTBSラジオを聞きながらウォーミングアップ。昨日のWeb取材のテープ起こし。7時10分から朝食。玄米ご飯。朝ドラ「本日も晴天なり」「舞いあがれ!」を見ながら。7時45分から仕事を再開。奥さんは在宅勤務。Web取材のテープ起こしの続き。その後、doda原稿制作を開始。BGMはTBSラジオ「ふらっと」「生活は踊る」。12時過ぎから昼食。玄米ご飯。12時45分ぐらいから仕事再開。doda原稿制作の続き。BGMは「たまむすび」。14時からの「そんな人本当にいるんですか」のテーマは、今ドーハにいる人。あのドーハの悲劇も見たという人が登場。16時過ぎに家を出て酒場へ。本日は寒い。17時ぐらいに酒場に入店。先客はおらず。いつもの席に腰を下ろしキンミヤの酎ハイを飲み始める。テレビではシブ5時。寒いからか、本日はお客さんは来ず、ずっと一人。静かでいいのだが、なんだか寂しい気分。誰か来たら帰ろうと思っていたら、18時少し前にようやく一人来たので、入れ替わりで店を出る。シブ5時で明日のW杯スペイン戦を控えて各地のタワーがサムライブルーにライトアップされていると言っていたが、スカイツリーは赤。

19時過ぎに帰宅。19時30分からNHKでサラメシをリアルタイムで見て、その後、録画していた「六角精児の呑み鉄本線・日本旅 秋・久大本線を呑む!」を見る。久留米から大分。久留米に行ったときのことを思い出す。