ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

5月16日(月)朝食・昼食の玄米ご飯と、静かで平和な酒場。

朝6時10分起床。朝から雨降り。自室に行き、ブラックコーヒーでウォーミングアップ。Green原稿の最終チェック。7時10分ぐらいから朝食。玄米ご飯。いただきながら「芋たこなんきん」「ちむどんどん」を見る。「ちむどんどん」は東京編がスタート。気分一新で面白くなって欲しいと願っていたが、よりひどくなっていてガッカリ。あんなに東京に行きたいと言っていた主人公が、東京についてすぐ「やんばるに帰りたい」と叫ばせるとは…。その後のレストランでの展開も陳腐。7時45分から仕事再開。奥さんは出勤。Green原稿をアップ。その後、先週金曜日にWeb取材したdoda原稿制作の続き。12時20分ぐらいから昼食。玄米ご飯。午後もdoda原稿制作の続き。16時少し前に家を出て酒場へ。小雨は降り続いていた。16時45分ぐらいに入店すると先客は一人客が2名。いつもの席に腰を下ろし、テレビの大相撲を見ながらキンミヤの酎ハイを飲み始める。隠岐の海は宇良に負けた。酒場は本日は静かで平和。18時過ぎに定量を飲み終えて店を出る。

19時過ぎに帰宅。19時30分過ぎから録画していたテレビを見た。