ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

5月13日(金)雨降りの一日と、まあまあ静かな酒場。

朝6時15分起床。朝から雨降り。自室に行き、昨日の営業さんの連絡を受けてdoda原稿の修正を行おうとPCのスイッチを入れるが、勝手にシステム更新を始め、10分経っても、15分経っても立ち上がる気配がない。仕方ないので、サブで使っているノートPCで原稿修正。7時10分ぐらいから朝食。玄米ご飯。いただきながら「芋たこなんきん」「ちむどんどん」を見る。「ちむどんどん」は本日で沖縄編が終了。主人公は本当に料理が好きなのか、なぜ東京行きにそこまでこだわるのかなど、よくわからないまま、来週からは東京編がスタートするようだ。7時45分から仕事再開。奥さんは出勤。Green原稿制作の続き。12時少し前に昼食。玄米ご飯。その後、本日のWeb取材の準備。14時からWeb取材。40分弱。終了後、少し休憩。16時少し前に家を出て酒場へ。小雨が降り続いていた。16時40分ぐらいに入店すると先客はおらず。いつもの席に座ってすぐにテレビで隠岐の海の一番が始まる。琴勝峰に力なく敗れてしまいガックリ。酒場は見たことがないお客さんも数名いたが、一人客ばかりだったので静かで快適。大相撲を見終えて、18時過ぎに店を出る。

19時過ぎに帰宅。19時30分ぐらいから録画していた「タクシー運転手さん一番うまい店に連れてって!」を見た。