ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

2月12日(土)昼食のソース焼きそばと、焼き鳥屋さんのシメの手羽先。

朝6時15分起床。自室に行ってオイルヒーターをつけ、ラジコのタイムフリーで先週の日曜日にTBSラジオで放送された「ONE-J」を聴きながらブラックコーヒーでウォーミングアップ。ラジオは全国のポン酢特集。昨日途中までやったマイナビ転職原稿制作の続き。7時15分ぐらいから朝食。玄米ご飯。いただきながら「マー姉ちゃん」を見る。7時40分ぐらいからマイナビ転職原稿制作の続き。その後、9日にWeb取材したdoda原稿制作。9時からのTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」は、先週に引き続き土屋さんがコロナのため休み。12時過ぎから昼食。久々にどろソースベースの焼きそば。

f:id:notsushu:20220213110450j:plain

このところ醤油ベースの焼きそばばかりだったので新鮮。いただいた後、今朝ラジコで聞いた「ONE-J」でカップ焼きそばUFOにポン酢を少し垂らすとうまくなるというのをやっていたことを思い出す。ちょっとやってみれば良かった。午後もdoda原稿制作の続き。17時まで。奥さんと一緒に家を出て「焼き鳥やっちゃん」へ。カウンターの奥の一升瓶の並んでいる前の席へ。ネコのシルエットが描かれた「野良」というのが面白い。調べてみたら、日置桜の蔵元である鳥取市の山根酒造場のお酒らしい。

f:id:notsushu:20220213110624j:plain

キンミヤの酎ハイにつまみはキャベツ味噌、ねぎま鳥皮、マカロニサラダ。店はまずまずの賑わいで、18時過ぎまではやっちゃんがワンオペで注文に応じていた。追加で納豆海苔巻をオーダーし、シメはいつも通り手羽先。

f:id:notsushu:20220213110813j:plain

18時40分ぐらいに定量を飲み終えて店を出て帰宅。北京オリンピックのスキー・ジャンプ男子ラージヒル個人決勝を見る。小林陵侑選手は残念ながら2位。