ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(60歳)の備忘録

5月27日(水)終日自宅の一日と、遅めの昼食の味噌ラーメン。

朝6時25分起床。本日も何となく外に出る気にならず終日自宅。朝食は玉子トーストと小松菜&ウインナー炒め。その後、先週金曜日に電話取材したイーキャリアの原稿をアップ。明日の取材の準備。本日は奥さんが13時からテレビ会議的なものがあり、昼食はその後ということになった。テレビ会議的なものは30分ぐらいかと思っていたが1時間に及ぶ。というわけで14時30分ぐらいに昼食。トップバリュの「みそラーメン」。五袋入り147円、一袋30円のコスパ抜群袋麺で、しょうゆ・塩・みその三つの味があるヤツの一つ。

f:id:notsushu:20200527144337j:plain

思ったより味噌っぽくないが、十分に満足できる味。その後、ブログ作業や明日の取材の準備。17時ぐらいからアマゾンプライムで映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(2018年/前田哲監督、出演:大泉洋三浦春馬高畑充希萩原聖人)の続きを見ながら40分間運動。運動終了後も映画を見続けてラストまで見る。タイトルにある通り実話に基づくストーリーで、筋ジストロフィー患者の鹿野靖明さんと彼を支えたボランティアたちを描いた映画。主人公のモデルとなった鹿野さんは強烈な個性の持ち主だったようだが、大泉洋がそのキャラの濃さをよく捉えて演じていて「ああ、鹿野さんってこんな人だったんだなあ」と伝わってきた。その後、ネットニュースを見たところ、本日の東京都の新型コロナウイルス感染者数は11人。こんな感じでこれからも毎日この人数をなんとなく気にしながら生活していくのだろう。天気予報で花粉情報とか熱中症指数がいつの間にか始まって、今では普通になっているような感じだろうか。19時ぐらいから夕食。セロリ&ピーマンを炒めたものと餃子、冷奴など。20時過ぎから録画していた「ゴリパラ見聞録 ~宮崎県・都井岬を激写する旅 前編~」、NHKBS「聖なる巡礼路を行く 〜カミーノ・デ・サンティアゴ~宗教の道」を見る。フランスからスペインにあるキリスト教の聖地・サンティアゴ・デ・コンポステーラへ巡礼する150キロの旅を紹介した番組。歴史ある建築物や美しい風景と共に、巡礼路を歩く人たちが、なぜこの旅へと駆り立てられたのか、バックグラウンドまで紹介しているのがいい。