ノツログ extra

東京都板橋区在住のフリーライター・野津修(62歳)の備忘録

3月12日(木)演劇が原作の映画と、賑わっていた酒場。

朝6時20分起床。昨日の取材のまとめ。14時20分からアマゾンプライムで映画「今度は愛妻家」(2010年/行定勲監督、出演:豊川悦司薬師丸ひろ子水川あさみ)を見ながら40分間運動。題名からお涙頂戴映画かと思っていたが、演劇が原作のドタバタコメディ風の作品だった。40分ぐらいまで見たが石橋蓮司がいい味を出していた。その後、取材なし案件の原稿制作。16時に家を出て酒場へ。16時50分ぐらいに入店。先客は一人客が二名と二人客が一組。大相撲春場所を見ながらキンミヤの酎ハイを飲み始める。なぜか本日は次々とお客さんが来て混み気味。マックスで10名ぐらい。16席だから結構な賑わい。半分以上が知った顔。隠岐の海は炎鵬に敗れてしまった。残念無念。18時過ぎに定量を飲み終えて店を出る。

f:id:notsushu:20200313111435j:plain

f:id:notsushu:20200313111453j:plain

19時過ぎに帰宅。21時からリアルタイムで「秘密のケンミンShow」を見る。全国絶品ライス祭り。油揚げの中に炊き込みご飯を入れた鳥取・境港の「いただき」を初めて見た。