ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

10月19日(金)自宅にこもって仕事をした一日と、酒屋から届いたレモンハイセット。

朝5時30分起床。曇りがちで肌寒い。昨日の取材の原稿制作、取材なし案件の原稿制作、火曜日取材の原稿制作で終日自宅。昼食は「明星 モヒカンらーめん 豚骨」。先日近所のミニスーパーで見かけ、「ああこの店、久留米にあったっけ」と思って買ったもの。麺は極細で、ピリ辛でややとろみのある豚骨スープ。

f:id:notsushu:20181020084245j:plain

18時ぐらいに近所の酒屋さんに頼んでいたレモンハイセットが届く。各社のレモンハイ20缶と6瓶。

f:id:notsushu:20181020084356j:plain

19時に軽く夕食を済ませ、また仕事の続き。21時30分過ぎに終えて、録画していた「アド街ック天国 三ノ輪編」を見ながら、先ほど届いた中のこの2本をいただく。

f:id:notsushu:20181020084531j:plain

宝焼酎の「丸おろしレモン」は皮も入れておろしたレモン入り。うっすらレモン色に濁っており、皮の苦味も感じる。一方白水社ハイサワーは、馴染みのある昭和のレモンハイ。味が違って面白い。