ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

8月26日(日)明け方のナイトメアと、最高気温36度の日に芸人を100km走らせる愚行。

朝7時40分起床。夜、暑さで寝苦しく目が覚めたらしばらく眠れず。明け方になってようやくウトウトしたが、家電量販店で店員さんが使う機械がなぜか手元にあって、返しに行ったら盗みの疑いをかけられて身柄を拘束されて詰問される、というナイトメアを見る。ということで不快で体がダルい。先週のインタビューまとめの続き。昼食はアイランド食品の「みずさわ屋 冷やしそば」。極細麺が面白い食感。スープは甘め。

f:id:notsushu:20180826163450j:plain

午後も先週のインタビューまとめの続き。午後6時過ぎに家を出る。モワッとした熱を帯びた空気。最高気温は36度だったらしい。いや、こんな日に芸人を100kmも走らせるなんて、公開パワハラだよな。苦しみを乗り越えて走りきる姿で感動を誘うなんて、もう時代遅れ。そんなもん、もう見たくないよ。体調管理はしているなどと言っているが、マジでもうやめて欲しい。夏の高校野球もそうだが、昔から続いているから今年もやる、というのではなくて、続いているものをバシッとやめて違うものにする勇気も必要。本日も「焼鳥やっちゃん」へ。キンミヤの酎ハイにつまみはキャベツ味噌、枝豆(群馬産)。

f:id:notsushu:20180827073642j:plain

焼鳥は鳥皮とねぎま。

f:id:notsushu:20180827073816j:plain

本日はカウンター。入店時はテーブル席に2人客が2組だったが、6時30分ぐらいからお客さんが次々入店。本日も盛況。1時間半ぐらい飲んで店を出る。

f:id:notsushu:20180827074505j:plain

帰宅後、21時からNHKスペシャル「ねぶた2018 父と娘の挑戦」を見る。去年青森に行ったので、見覚えのある風景も随所に登場。父親のねぶたのテーマは「白浪五人男」。通常2体で作られるねぶたにあって、5体は史上初の試みだそうだが、迫力が足らないと感じた。