ノツログ extra

東京都板橋区在住の50代後半のフリーライター・野津修の備忘録

7月10日(火)大塚の立ち飲み屋にいた秘密クラブ案内男と裸の大将風。

朝5時起床。ブログ作業など。14時過ぎに家を出て池袋へ。遅ればせながら池袋の「大黒そば」が5月末をもって閉店したと知って確かめに行く。なるほど閉店しており中は真っ暗。ついに閉店しちゃったんだな、知ってたら最後に春菊天そばを食べに来たのに…と思う。

f:id:notsushu:20180711094114j:plain

駅に戻る途中、IWGPニイニイゼミの鳴き声を聞く。

f:id:notsushu:20180711094156j:plain

JR山手線で大塚へ。15時過ぎに「晩杯屋 大塚南口店」に入店。

f:id:notsushu:20180711094238j:plain

先客は30代前半ぐらいのTシャツ・短パン姿の男性。カウンター一番奥にスペースを確保し、ゴールデンチュウハイにつまみは「マカロニサラダ」をオーダー。

f:id:notsushu:20180711093629j:plain

2人分ぐらいのスペースを空けて左側でビールを飲んでいる先客には、なぜか5分おきくらいに電話がかかってくる。その度に「みずほ銀行の角を曲がって…その先の突き当たりを…」という道案内をしているような言葉が途切れ途切れに聞こえてくる。何そのやりとり? 秘密クラブかなんかの道案内か?…と頭の中で疑問が渦巻く。その後、「煮込み」をオーダー。隣の秘密クラブの案内男は「揚げにんにく串」「揚げとうもろこし」「鶏なんこつ唐揚げ」と、揚げ物を次々に頼んでいる。

f:id:notsushu:20180711093737j:plain

15時半過ぎにドアが開くと共に「バンパイヤってここですかぁ」という声。見ると50歳前後の男性。やや太り気味の体型といい、話し方といいどことなくあの裸の大将風。店員さんが「はい、ここですよ」と答えると店に入り、私と秘密クラブの案内男の間に来てドリンクを注文。そしてしばらく壁に貼ってあるメニューを見回した後、こんなやり取りが。大将「エビおくら天くださぁい」店員さん「はい、かしこまりました」大将「いくらですかぁ」店員さん「150円です」大将「じゃあそれくださぁい」。直感的にこりゃちょっとヤバイと感じ、話しかけられないように店の一番奥にあるテレビに集中する。大将は体型のせいか、立って飲むのが少しキツイらしく、立ち飲みカウンターのすぐ後ろにあるテーブルカウンターに持たれかかっている。店員さんがツマミを持ってくると「もたれかかっててもいいですかぁ」と意外にも殊勝に聞く。「まだ混んでないんで大丈夫ですよ」と店員さん。秘密クラブ案内男は「コロッケ」を注文。またも揚げ物。15時45分ぐらいに3杯目のゴールデンチュウハイがなくなったので店を出て帰宅。大相撲名古屋場所3日目をテレビ観戦。千代の国がねばりの相撲で高安に勝つ。横綱二人は共に3勝目。